パーソナルトレーニング|身体のことなら「カラダラボ」

膝の痛みや股関節痛、腰痛予防におすすめな簡単ストレッチのご紹介!【太もも前面のストレッチ】


今回は【スタティックストレッチ】というストレッチのやり方で、太もも前面のストレッチ方法をご紹介します!

 

スタティックストレッチとは

 

・反動

・勢い

・弾み

 

をつけずに、筋肉をゆっくり伸ばしながら保持するストレッチのことです。

 

スタティックストレッチのメリット

 

・柔軟性の向上

・可動域の向上

 

筋肉の硬さが原因で起こる、身体の痛みや不調の予防・改善に繋がるほか、身体を動かしやすくすることにも繋がります。

 

スタティックストレッチを行う上での3つのポイント

 

① 30秒間姿勢を維持しましょう

 

30秒間姿勢を維持するのが難しい方は、まずは10秒から初めてみましょう!

身体が伸びていることを感じていただくことが大切ですので、無理のない範囲で徐々に秒数を伸ばしていけるようにしましょう!

 

 

② 3~5セット行いましょう

 

1セット目に伸ばせる範囲は、現状の身体の硬さで伸ばすことのできる範囲になります。

今以上に身体を柔らかくしていただくためには、セット数を重ねていただくことが必要になります。まずは1セットからで大丈夫ですので、無理のない範囲で徐々に伸ばせる範囲を広げていき、セット数を増やしていきましょう!

 

 

③ 呼吸を止めずに行いましょう

 

呼吸を止めると身体は緊張状態になり、筋が硬くなるため十分に筋を弛緩させることが出来なくなってしまいます。また、血圧が上がり血管に負担をかけてしまうため注意が必要です。自然な呼吸を繰り返しながらストレッチを行いましょう!

 

 

太もも前面のストレッチ

 

筋肉が硬くなることで起こる問題点

 

太もも前面の筋肉は、骨盤から膝をまたいでついています。そのため、太ももの前面が硬くなることで膝の痛み股関節の痛みに繋がります。

また、太もも前面が硬くなると骨盤の歪みを引き起こすことに繋がり、腰の負担腰痛の原因にもなりかねません。

 

ストレッチで得られる効果

 

姿勢の改善

膝痛や股関節痛の予防・改善

腰痛の予防・改善

 

太もも前面の硬さが原因で、膝の痛みや股関節痛、また腰痛にお悩みの方も多くいらっしゃいます。

ぜひこのストレッチを習慣化していただき、痛みのない身体を目指していきましょう!

 

ストレッチ方法のご紹介

 

①椅子の前の方に座り、片足を椅子の下に入れ後方に引きます

 

②腰が反らないように注意しましょう

 

③余裕がある方は背もたれにもたれかかりましょう

※腰痛がある方は注意

 

④30秒間姿勢を保持し、左右交互に3セットずつ行いましょう

 

 

【POINT】

足の甲を床に押さえつけることで、より効果を高めます

 

可能なかぎり、足を後方に引いていけるよう目指しましょう!

 

YouTube動画でストレッチ方法を視聴する

 

YouTubeでより詳しい説明をご視聴いただけます。

カラダラボでは、各種目別のストレッチやトレーニング方法についてYoutubeに動画をアップしています。

ぜひチャンネル登録をしていただき、最新動画もチェックしてみてください!

 

ストレッチ方法をPDFで保存する

 

>>種目別トレーニング06_太もも前面<<

※ストレッチのやり方がPDFで表示されます

 

各種目別のトレーニングやストレッチの方法をPDFで保存していただけます。

印刷してハガキサイズのファイルに保存していただくことも出来ますので、ご自由にお使いください!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

膝の曲げ伸ばしをしていただくと、膝の動きがスムーズに動かしやすくなっているのを実感いただけるかと思います!

膝痛・腰痛・股関節痛の予防改善になる太もも前面のストレッチ、是非こまめに続けて行ってみてくださいね!

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

実店舗でのパーソナルトレーニングや整体、さまざまな自治体を訪問しての講演会なども積極的に行っております。身体に関することなら、カラダラボにお任せください!まずは、お気軽にお問い合わせください。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    カラダラボ

    〒767-0001
    ​香川県三豊市高瀬町上高瀬391-1三豊ヤンマー1F

    080-2850-7206

    9:00-22:00 不定休

    MEMO

    • ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お電話に出られなかった場合、再度おかけ直しいたします。

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP